読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報の波でおぼれてる

ウェブを中心とした情報整理、情報ソート

インディ株式会社の浜島の情報整理ブログです。日々情報が発信されていますが、まったくついていけない。仕事に必要な情報も取り逃してる。それを防ぐための忘備録的役割のブログです。インディの公式サイトでもブログ書いてますのでぜひ見てください→インディブログ

経済の仕組み

最近、話題になってる(?)「30分で判る経済の仕組み」がわかりやすい。わかりやすい気がする。これを何回か見てちょっとずつ頭の中を整理しようと思う。


30分で判る 経済の仕組み Ray Dalio - YouTube

ものづくり

最近、ものづくりについて考えることが多い。日本はものづくりの国ということで、ものづくりの復活をよく耳にする。ものづくりの国として復活したとして、それは昔のような大量生産のものづくりではないと思う。

メイカームーヴメントは単なる製造業の変化ではない:未来都市は「ものづくり都市」へ « WIRED.jp

"3つ目の要素として彼が挙げたのは「パートナーシップ」だ。ものづくりを支援する団体やインキュベーター、行政や民間企業との連携は都市に新しい息吹をもたらす。"

2014/11/29 19:02

 このWiredの記事にもあるけど、今後のものづくりは大量生産ではない。

「いま世界では、細分化された需要やニッチな市場に応えるメイカーたちによるものづくりのエコシステムが、都市のイノヴェイションを促進しています。『適量生産/適量消費』が、都市を再活性化する原動力となりつつあるのです」

さらに、ものづくりの変化には3つの要素が必要だとある。

1つ目は「コミュニティ」だ。人と人とが集い交流する場は、新しいものごとを生み出すきっかけとなる。多様な価値観を受け入れる場こそが、都市の文化を醸 成する基盤をつくる。2つ目は「教育」。どんなにテクノロジーが発達しても、それを使いこなす人がいなければ意味はない。若い世代に対する教育環境の充実 は、都市の未来を築く投資でもあるのだ。そして3つ目の要素として彼が挙げたのは「パートナーシップ」だ。ものづくりを支援する団体やインキュベーター、 行政や民間企業との連携は都市に新しい息吹をもたらす。

 「コミュニティ」と「教育」と「パートナーシップ」とある。私もこの3つだと思う。本当にそう思う。けど、3つとも機能させるのは、本当に難しい。。。機能させるには何年かかるだろうか?

パソコンが重い

1ヶ月くらい前からパソコン(MBP)の動作が重くて困ってます。いろいろ調べながらなんとかしようと問題解決を試みています。せっかく調べているし、また同じ状況になったときに困るのは嫌なのでちょっとずつ記録したいと思います。

私のMac Book Proの環境で重くなる一番の原因は、Spotlightです。これは、パソコンの中を検索してくれる、すごく便利な機能です。すごく便利なのですが、「Spotlight」くんはものすごく真面目なので、私が検索したときにすぐに結果を出せないと怒られると思っていて、普段からパソコンの中にはどんなファイルがあるのかと下調べを欠かしません。働き者なのでじっとしてないんです。

この真面目な態度が、ダメなんです。。。

じっとしていてくれれば、容量は食わないのですが真面目にひたすら活動するので容量が取られるんです。特に、DropboxとかGoogleドライブのようにいろんな人と共有している場合は、ファイルが書きかわることが多いので、ずっと動き続けます。それが、パソコンを重くしているんです。もちろん、それを止める設定があります。その設定をしたら、かなり早くなりました。

ちなみに、設定は「システム環境設定」の中のSpotlightをクリックすればできます。設定はSpotlight自体を止めるか、フォルダごとに対象外にするかを選べます。ぜひ、パソコンが重い人は試してみてください。

f:id:yusakuhamajima:20141126230824p:plain

長期的な成果と短期的な成果

いろんな仕事をしていて思うのが、本当に大事だと思うことよりも人を喜ばせることの方がビジネスはやりやすいな、ということです。そんなことはもちろんなのですが、今は正しくないかもしれないけど、長期的に見たときには正しいこともある。けど、今正しいことをしなければ仕事にならない場面が多い。

この記事の最後に2つの引用がある。

「話が盛り上がる」方にいく気持ちはよくわかる。

「最近では佐村河内守氏の嘘に振りまわされてしまったことが象徴的でしたが、メディアの中でも特にテレビは、泣ける話や同情を誘う話題に弱い。真偽の確認より、『話が盛り上がる』方向にばかり進んでしまう。あまりにも短絡的です」

人が騒いでいることを解決したら褒められる。

「普段なら突っぱねる被害届を受理して、何十人もの捜査員を投入し、存在しない犯人を捜していたとなれば、税金の無駄遣いも甚だしい。捜査すべき他の重大事件があるはずです」(前出の全国紙記者)

営業の仕事がすごくいい例だと思うけど、顧客にとって良いものでないと心の底で思っていても、今、売り上げが上がる方を選んでしまう。自分を雇ってくれている人が喜んでもらえることの方が、現場にいる人にとっては正しいことの方が多い。私は、そのような営業の仕事ができなくなってしまって、今があるけど、長期的に見てばかりだと儲からないのは身をもって体験中です(笑)

最近は、お客さんの利益を短期的なあげることを重要に考えてます。もちろん長期的な視点も必要です。短期的な成果と、長期的な成果を両立する仕組みをしっかり考えないといけないですよね。

ブックマークまとめ(2014年8月8日)

このサイトの記事、本当に面白いし、勉強になる。

こういう記事が増えてきましたね。よいことだと思う。

全然知らなかった。

駅員さんは本当に可哀想。

この結果、よくわからないんですが。。。

データの読み方がわからない。。。

「21世紀型の教科書」かぁ。私はとりあえず英語をがんばる(笑)

今後が興味深いですね。これでうやむやになれば、同じような犯罪が増えてしまいますね。

まちをコンパクトに再開発するっていいですよね。けど、住んでいる人にとっては簡単に理解できることではないですよね。

ブックマークまとめ(2014年8月3日)

この考え好きです。

人手不足はこれからずっと取り組んでいかなければならない課題だと思います。

本当にいろいろ難しいよね。

どんどん変わりますね。。。

イデアと技術のどっちもできないといけないですね。

オープン前に手伝ったけど、ものすごい伸びてますね。新しい買い物スタイルを作ってます。すごい。

この人はインタビューしたい。

いろいろ考えないとですね。

日本がこうなるのはいつ頃でしょう。

ブックマークまとめ(2014年8月2日)

最近、少しずつ「転職がダメ」的な言われ方はされなくなってきましたね。

すごく基本的だから「知ってるよ!」ってなりそうだけど、必要な知識ですよね。私は全然できてないが、、、

これ、本当によくわかる。私が今回のワールドカップを面白いと思えなかったのは、妙なポジティブ感だったのもしれない。

インディ株式会社 http://indee.co.jp/