情報の波でおぼれてる

ウェブを中心とした情報整理、情報ソート

インディ株式会社の浜島の情報整理ブログです。日々情報が発信されていますが、まったくついていけない。仕事に必要な情報も取り逃してる。それを防ぐための忘備録的役割のブログです。インディの公式サイトでもブログ書いてますのでぜひ見てください→インディブログ

音楽の聴かれ方

2013年の年末からギターを復活させたので、音楽関連のことが気になるようになってきました。

とは言っても「好きな曲がいっぱい!」とかそういうことではないです。興味があるのは、音楽の聴かれ方とか、音楽関連のビジネスとかです。日本はSpotifyがサービスできなかったりで、新しい動きがないので今まであまり気にしてませんでした。

けど、気になりはじめたら、いろんなことが見えてきました。最近、気になった記事があります。

ショーン・パーカーのSpotifyプレイリストが世界的なヒット曲「Royals」ブレイクのキッカケだった! Spotifyから音楽が拡がる新しいカタチ
http://bit.ly/1hqEaxd

ショーン・パーカーが作ったプレイリストに入ったことで、そのアーティストが人気が出た、という記事です。ある曲が、ある人のプレイリストをきっかけが多くの人に聴かれるようになる。

もちろんこういうことは昔からありました。

私も雑誌のライターやラジオパーソナリティのオススメを聴いてました。けど、雑誌のライターもラジオも広告あってのことだと思うから利害関係のあるオススメになると思う。そして、雑誌もラジオもスペースは限られているから、人気のあるアーティストや曲しか紹介できない。ラジオや雑誌は最適なものではないと思います。

この記事の事例は、今回は有名人ではあったけど、ある個人が自分が好きな曲を集めたプレイリストが広まったことにちょっと感動しました。ネットが普及する前は、音楽の趣味のあう人を見つけるのは、かなり難しいことでした。音楽の趣味が似ている友達に出会うなんて奇跡です(笑)

それがネットだと検索したら似ている音楽の趣味の人を知れる。そして、リアル友達になる必要もない。プレイリストをフォローしたら、似ている趣味の人の音楽を知ることができる。すばらしいですよね。昔は信頼できるレーベルのアーティストは聴いたことがなくても買って聴いてましたが、それに似てますね。昔はレーベルだったけど、今は普通の人にキュレーションしてもらってる感じですね。

ネットが学生時代にあったらもっとたくさんの音楽を聴けたのに、、、と思う反面、なくてよかったなぁとも思う。ネットがあったら、音楽に廃人にされていたかもしれないです(笑)

2014-01-24

それにしても、Spotifyが待ち遠しいですね。

日本上陸間近? Spotifyがソーシャルメディアウィークにやってくる
http://bit.ly/1hqEcoA

 

インディ株式会社でもブログ書いてます→ http://indee.co.jp/