情報の波でおぼれてる

ウェブを中心とした情報整理、情報ソート

インディ株式会社の浜島の情報整理ブログです。日々情報が発信されていますが、まったくついていけない。仕事に必要な情報も取り逃してる。それを防ぐための忘備録的役割のブログです。インディの公式サイトでもブログ書いてますのでぜひ見てください→インディブログ

New Wave

最近のお気に入りはMadeonというフランスのミュージシャンです。彼は1994年生まれの19才です。若いです!ハナラボのインターンと同じくらいか、ちょっと若いくらいです。

Madeon
http://bit.ly/1f1g0aI

彼を知ったのは、あるYoutubeの動画です。

Launchpad(シンセサイザーのようなもの?)を使って、彼の好きな39曲をミックスして作られた曲のプロモーションビデオです。曲がすごくいいのです。

面白いなぁと思ったのは、このLaunchpadというシンセサイザー(ミキサー?)の使い方とこの曲のPVです。

Launchpadという器材は知らなかったですが、最近のテクノ系やDubstep系はよく使う器材のようです。テクノなどのデータ系の音楽のライブ現場で使われているみたいです。このPVを観ていると感じるのですが、器材の使い方が自然だなぁと。昔は、テクノとかヒップホップは、どうしても「デジタルで作った音楽」という感じで「ロボット的」「未来的」なイメージで捉えられていたのですが、このフランスの19才の青年のノリは、ギターやピアノを扱うような自然な感じです。自由に音データを扱っている感じです。まさか39曲をミックスしているとは思えない。なんか、新しいなぁと。

あと、このプロモーションビデオの内容も興味深いです。このPVは、シンセサイザーを扱っている手元だけです。すごくないですか!手元だけなのに、ちゃんと見れてしまうというのが驚きでした。このPVはYoutubeで見ることが前提に作られているように思う。大きな画面やテレビでは、間が持たなそうですが、Youtubeで見るという前提なら、しっかり見ることも少ないと思うので問題と思うんです。音楽の世界はいつも最先端を取り入れるのが早いが、インターネットの使い方がどんどん変わってきているように思う。日本のミュージックシーンは、アナログな感じがトレンドだけど、世界はもっと進化している。日本だとヒャダインが世界のミュージシャンに近いのかな。

ハナラボのネット利用も、もっとこのフランス人の19才の青年のように自由に使いこなさないと時代に乗り遅れるなぁと思いました〜。

2014-01-26 0.58.24



インディ株式会社でもブログ書いてます→ http://indee.co.jp/