読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報の波でおぼれてる

ウェブを中心とした情報整理、情報ソート

インディ株式会社の浜島の情報整理ブログです。日々情報が発信されていますが、まったくついていけない。仕事に必要な情報も取り逃してる。それを防ぐための忘備録的役割のブログです。インディの公式サイトでもブログ書いてますのでぜひ見てください→インディブログ

20年前にネットがなくてよかった

f:id:yusakuhamajima:20140516003013j:plain

私は学生時代は音楽に夢中でした。毎日毎日、心斎橋や難波のCD屋に新譜のチェックに行き、その後、日本橋に中古レコードの掘り出し物をチェックしにいく。それを毎日毎日、続けてた。バイト代は、それらに消えていきました。

20年前は、私はテクノに夢中になっていました。その頃の大阪はレゲエ(ラガマフィン?w)はボアダムスなどのハードコア(ガラージ?)が主流だったのでテクノは手に入りにくかったです。テクノが充実していたのは、梅田堂島のTSUTAYAか、難波ロケッツで聴けるくらいでした。けど、ロケッツで聴けたテクノは、ロッテルダムテクノとかガバとかの超ハードコアだったので本当に聴きたいものではなかったです。あぁ、大阪じゃなく東京だったらもっと良いのが聴けるのに、、、あぁ世界中の音楽が聴きたい、、、と良く思ってました。全然、音楽が足りない!!と。

けど、2014年の今に思うのは、「あぁ、手に入りにくい時代に若くてよかった〜」と良く思います。

2014年の今、音楽の聴き方が変わってます。ネットがあって、その中にメディアが山ほどありますし、そのメディアにも大量の良い音楽がアップされてます。夢中になってきいてたら、普通に1日を使えます。良い曲を見つけて、それに紐づいた曲をたどってるだけで気がついたら2時間くらい経ってるときがあります。これ、怖いです。

いろんなアーティストやレーベルの曲が多いだけではなく、アーティストもレーベル経由の正式な曲だけではなく、デモをアップしてたり、Mixの違う曲をアップしてたりで、終わりがありません。昔、エイフェックス・ツインがノート1冊分のアーティスト名があると話題になったけど、今では全員がそんな感じになってる。日本でも「ゲスの極み乙女。」のプロフィールを見ていたらメンバーはバンドをいくつも兼任してる。しかも、プロだけでなく、素人も良いのをどんどん配信していってます。この状況、やばいです。情報量が多すぎます。

この状況が、どんどん新しいものを吸収できる10代だったらと思うと、、、おそらく廃人になってると思います(笑)

20140429rsp_hikikatari_01


カテゴリー:ミュージック
インディ株式会社 http://indee.co.jp/