情報の波でおぼれてる

ウェブを中心とした情報整理、情報ソート

インディ株式会社の浜島の情報整理ブログです。日々情報が発信されていますが、まったくついていけない。仕事に必要な情報も取り逃してる。それを防ぐための忘備録的役割のブログです。インディの公式サイトでもブログ書いてますのでぜひ見てください→インディブログ

エノさんとハイドさん

f:id:yusakuhamajima:20140524023217p:plain

ブライアン・イーノとUnderworldのカール・ハイドがWarp Recordsでコラボをやってますね。WarpUnderworld、カール・ハイドと聞いて反応する人はテクノ好きでアラフォーであることは間違いないでしょう(笑)

この2人のコラボはメールマガジンで知っていて、すごく気にしてました。最近、iTunsアプリが出ました。

IMG_0421

レコードを買って、アプリを通してカメラでレコードを写すと音楽が始まります。音楽だではなくインタラクティブなグラフィックも動きます。ARってやつですね。「レコードが必要だったら見れる人限られるよ!」と思いましたが、レコードを購入しなくてもウェブサイトを写すことでアプリを利用できます。

アプリでレコード(or ウェブサイト)を写すと音楽とグラフィックがスタートして、画面からレコード(or ウェブサイト)を外すと音楽の音量が小さくなり、グラッフィクが消える。すごく単純なんだけど、なんか新しい感じがしている。音楽だけの表現になってないのがいい。

少し前にビョークのアプリが出てすごく良かったが、しかし、あれは容量が重すぎた。このアプリは軽いし、カール・ハイドがいるだけにグラフィカルなデザインだし、動きが軽くていい。ちなみに、クリエイティブはLukasz Karlukという方です。デザインもプログラムもする人みたいですね。

IMG_0420

私はずっと音楽だけで楽しむ時代は終わったと思っていて、音楽は映画やゲームや芸術作品に組み込まれていくべきだと思ってるし、そうなってほしいと思ってる。もちろんライブという楽しみ方は今後も残ると思う。

いろんな期待感があるアプリだと思った。


カテゴリー:Apps, インディ株式会社, ミュージック, indee_blog
インディ株式会社 http://indee.co.jp/