読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web制作日誌

ウェブ制作にまつわること

ファッション系アプリの操作性とEC

f:id:yusakuhamajima:20140527134231p:plain

ファッション系のアプリが最近多いですね。最近、ZOZOTOWNをやっているSTART TODAYのアプリを興味本位でダウンロードしてました。

いろんな方のコーディネート写真が流れてくるのですが、それを眺めていると多様性があって楽しいです。あと、男性のファッションが多めなので、ファッション感覚ゼロポイントの私としては、いざとなったら使えるなって思ってます。

WEARについての記事をちょっと探してみたら、このサイトがありました。

このサイトでは、WEARのようなアプリでECでの買い物の仕方が変わってくるとあるのですが、「なるほど」なぁ〜って感じです。ECは商品が並べてあるだけのサイトが多いけど、このアプリのように多様性があって、買い物しやすいコンテンツがあれば、今の状況は変わるかもしれない。アマゾンのような文字情報メインのサイトだと必要なものを買うだけになってしまうけど、このアプリだとだいぶ楽しい気がする。

Webサイトもありました。

あと、ファッションアプリでは、かなり初期からあった老舗(?)の「iQON」があります。

ファッションコーディネート iQON(アイコン)

このアプリを作っている会社のVASILYで、ハナラボの卒業生が働いているので私の中ではおなじみです。ファッションコーディネートをたくさん見れるというアプリです。もっと詳しく説明できればと思うのですが、オシャレで、しかも女子向けなので、私のような非オシャレで、おっさんの場合はなかなか手が出ないです(笑)

Webサイトはこちら

iQONは最近、iQONマガジンが出てましたね。

課金の部分が気になりますね。ファッションの情報ならお金を出すのか!?ってところが気になります。

そして、最近、ニュースサイトで見たのが海外のアプリで気になるのがありました。

ぱっと見た感じでは、普通のファッションアプリです。

このアプリの特徴が2点あがってます。まず、操作性。

1つは、スワイプすればするほど、自分にあった服がレコメンドされるという機能。Mallzeeでは、表示されている服に対して、好きか嫌いかを投稿する。方法は簡単で、好きなら右に、嫌いなら左にスワイプするだけ。それに合わせて自分に合ったものがレコメンドされるようになる仕組みだ。

そして、SNSの機能。

もう1つの特徴は購入する前にその服をどう思うか友人に投票してもらえる機能。悩んだ場合には、複数の友人にこの服が良いか悪いかを尋ねることができるため、客観的な意見を気軽に聞くことが可能だ。

私が気になったのは、操作性です。もちろん2つ目の友達に相談できる部分はSNSで今っぽいなって思います。しかし、簡単に好き嫌いをつけれて、その結果に基づいたレコメンドがされるという部分の方が私はグッときます。スマホが使われてだいぶ経ちますが、ハードだけでなく、ソフトの部分も本格的にスマホ対応されてきた!って感じです。

2012年頃にタスク管理ソフトの「Clear」が出てきて話題になりましたが、このアプリの新しさには気づけなかったのですが、Mallzeeを見ることで、やっとClearの新しさがわかってきました。

2012年に出た頃はこんな感じでセンセーショナルでしたが、その後は何も変わらなかった気がします。

最近のファッション系アプリを見ていて思うのが、スマホが本格的に使われ出すということです。操作性やコンテンツが揃ってくることで、ECアプリに楽しさや使いやすさが追加されてます。今後は、ECでの買い物が増えると思います。すべての買い物がECに移行するでしょう。

インディ株式会社もECに力を入れていくつもりです。私は10年くらい前にECである程度売ってた経験があるので、それもいかしていきたいと思ってます。

IMG_0485


カテゴリー:Apps, インディ株式会社, indee_blog
インディ株式会社 http://indee.co.jp/